ひなたぼっこでは、紙と鉛筆を使った活動は、面白くないので、あまりしません。
でも、カードやサイコロを使うと、ずっと面白くなります。またメンバー間の駆け引きがあって、コミュニケーションが生まれます。社会性も伸びます。
サイコロは手作りです。0から5までのサイコロがあります。5から9までと0のサイコロもあります。数字は自由に設定できます。
e0366572_16582900.jpg
まず導入。サイコロ1つ。
「今からサイコロを1つ振ります。どの数が出ると思いますか。予想して当ててください。」
e0366572_16584559.jpg
「出ると思う数の上に、自分のチップを置いてください。」
e0366572_16585565.jpg
「サイコロ振ります。ハイ!4が出ました」
e0366572_16590863.jpg
「4を予想したあなた。おめでとう、チップを1つゲットです」
e0366572_16591742.jpg
「さて今日は、サイコロを2つ使いますよ。
2つ振って出た目を足した数を、予想して当ててください。
今日は足し算ですよ。
e0366572_16594764.jpg
「はい、振ります。当てた人は3つゲットです」
e0366572_16595902.jpg
「さて今日は、ちょっと難しいですよ。
サイコロが5から9までです。2つ足すと、いくらになるでしょう。
・・・3はないと思うけど、いいですか?変えませんか。
では、振ります。
e0366572_17000884.jpg
「いよいよ今日は、サイコロ2つ、掛け算です。
かけた数をドンピシャ当てたら、5倍のチップがもらえます。
1~5などの範囲で当たた場合は1倍です。どうぞ、ラッキーナンバーをあててください」
e0366572_17002723.jpg
アーオモシロカッタ
アテタイカラ、イツノマニカ、タシザンヤカケザン シテルナー

by hinatabokko2387 | 2017-04-19 17:21

バイキンマンめくり

ひなたぼっこでは「バイキンマンめくり」ゲームをよくします。
基本的には「坊主めくり」のルールです。
ただ、小倉百人一首の図柄は幼児には面白くないので、カードを手作りしました。
手作りついでに、ルールもいろいろ追加しました。
「全部出す」「全部もらう」以外に、
「右の人に2枚出す」とか、「左の人から2まいもらう」です。
「ジャンケン大会」もあります。
盛り上がりますよ。

e0366572_17542164.jpg



丸い板の上に、平札と役札を混ぜて重ねて、いざ始まり。
丸板を順番に回していくと、自分の番を待てます。


e0366572_17515507.jpg

いろんなキャラクターの札があるので、めくるだけでも楽しみです。
隣の子からもらうときには、交渉します。
赤ちゃんマンやドラえもんが出ると、左の子からもらえます。


e0366572_17523395.jpg


by hinatabokko2387 | 2017-04-11 11:36

宝探し



ひなたぼっこでは、「宝探し」をよくします。
児童でも年長さんくらいだと、出来ます。学童にもいろいろ難しくして行けます。


この手作りアンパンマンパズルのピースが、「タカラ」です。
今日はこのうち、3つを隠しますよ。探してください。

e0366572_08420483.jpg
e0366572_08423835.jpg

マーダダヨ。
もーいいかい
モーイイヨ
コノナカノ ドコダ?ワカル?

e0366572_08430759.jpg


ジャ、オシエテアゲル。イイ、ヨクキイテ。
ミギノホウ、マドノシタニ、ヒキダシガアルデショ
ヒキダシノ イチバンウエ

e0366572_08464759.jpg


ツギハ、ホンダナノウエ マンナカアタリ、
カレンダーノウシロ、トーマスノエホンノシタ

e0366572_08433777.jpg


3ツメハ、ヒダリノホウ カバンヲイレル ボックスノ ナカ
ウエノダン

e0366572_08440266.jpg

ミンナソロッタ? ソレジャア パズルをカンセイサセテミヨウ
デキタ!

ツギハ ヤクワリヲ カワルヨ
キミハ サガスヒト、アナタハ オシエルヒト、ボクハ カクスヒト
ツギハ ぴかちゅうデ ヤッテミヨウ

e0366572_08485034.jpg




モー イイカイ・・・・・・・

隠すのは 楽しい。でも しゃべりたくて、 我慢できない。
探すのは 難しい。けど、教えてもらって 見つけたら うれしい。
教えるのは ちょー難しい。横から ヒントをもらって まあまあ言える。

家に帰って、お母さんやお父さんと しようっと。 










by hinatabokko2387 | 2017-04-05 18:08

ひなたぼっこ開設

平成28年7月1日、ことばの相談室ひなたぼっこがスタートしました。
児童発達支援と、放課後等デイサービスの2つの事業をしています。
開所時間は、
平日は、午前9時30分から午後2時までが児童発達支援、午後3時から放課後等デイサービスです。
(学校の休業日(土曜日と、夏休み等)は、午前9時30分から午後12時30分までが児童発達支援、午後1時30分から午後5時30分までが放課後等デイサービスです。)
この時間帯の中で、60分くらいを単位として、活動しています。

言語聴覚士作業療法士保育士がスタッフです。
ことばやコミュニケーションの遅れが心配な子の、相談に乗ります。
心配を抱え込まずに、どうぞ相談に来てください。

子どもは遊びを中心に、2~3人のグループで活動していきます。
これから遊びの様子を、次々アップしていきます。見てください。


by hinatabokko2387 | 2017-04-04 17:30